劇団よつば座

座長がいなけりゃ、演劇もしない。

投資信託をはじめた話の続き

以前の記事より8ヶ月経ちました。

投資信託の本を読んだり、購入している友達の話を聞いて 尻込みしながらも、商品を買わないとピンとこないので 「世界経済インデックスファンド」という国内外の指標と連動している株式、債券を50%ずつに 定められているバランスファンドを買いました。

株式ですと日本なら日本の株式全体の数字、日経平均TOPIXと呼ばれる指標で値動きする インデックスファンドに絞っていまして日本経済にお金を預ける感覚に近いのかもしれません。 この時はバランスファンドはそういう会社さんが各国の指標や債券を組み合わせて リスク分散してくれているので何も考えなくいられて楽というのもありました。

バランスファンドを毎月1万円ずつ、2ヶ月積み立てた頃 思惑通り、商品を買うとその商品をもっと知りたくなり 商品の目論見書を読んでみて、なんとなく買っていた商品の知識に肉付きがついてきて そのうちインデックス投資のブログを見たり投資信託の本を購入して勉強する様になっていました。

あれ、これは自分でインデックスファンド組み合わせたほうが面白いんじゃないか?と思い初めて 半年前から株式のインデックスファンドを選定して試行錯誤するに至りました。

先進国・日本株のインデックスを中心としてアセットアロケーションを組んでいまして 今後、その資産がどの様な形で値動きしているのと比率の変動を紹介できればと思います。